Home ポーカーニュース スーパーハイローラーズのケビン・ハート: ポーカーとコメディ

スーパーハイローラーズのケビン・ハート: ポーカーとコメディ

61
0

最近ポーカー・スターズに参加したハートは、一般的に静かな一流ポーカーの雰囲気を気軽に、冗談や面白い表情で一転させます。

ポーカーフェイスが揃った堅苦しい雰囲気に、ハートは独自の情熱を吹き込んでいるのです。彼は笑みを浮かべたり、ニヤニヤしたり、気分をためらわずに表に出しています。いわゆる、彼独自のポーカーフェイスなのです。

コメディアンのケビン・ハートが見せる多彩なポーカーフェイス。

驚くことに、オンラインポーカーの有名なプレイヤーであるベン・トレリーンが一度、ハートがあまりにも無口であったことを嘲笑いました。そのポーカーゲームの主役はケビン・ハートでした。長年のプロであるジャスティン・ボノモは、トレランは雑談で気を散らされるようなプレイヤーではないと語っています。これに驚いたハートは、そんなことがあるはずがないと言いました。「誰でも、私の話を楽しく聞いてくれます!」もしそれが本当ならば、SHRB大会は、イベントが始まって以来ハートが話続けていたように、ポーカーファンが大いに期待できるイベントになることは間違いありません。

ハートは「できれば22回連続で参加したいです」と冗談を言い始めました。ハートと比べると他のプレイヤーはみんなひたすら真剣な表情を見せていました。

ジョーカーを演じるケビン・ハート

ポーカー・スターズにも収録されているように、ハートはダニエル・ネグレアヌとの、アトランティスエリアでの食事についての会話の中で、「ポテトチップスが一番だ」と告白しています。相手のダン・シャックとは、同じジャケットを着ていたことで話が盛り上がり、マッキーンには自分の手のほうが強かったと嘲笑っていました。テーブルの周りでは、誰もが笑っていました。同時に誰もがハートを憧れていたことが明らかに見えてきました。

時には、ハートは相手がまるでコンピューターのように無表情であることを、誰よりも上手くプレイしながら語っていました。

昨日の決勝戦での7人のプレイヤーのラインナップを詳しく見てみましょう – ブライン・ケニー、コナー・ドリナン、バイロン・カヴァーマン、ダニエル・ドヴォレス、ダニエル・コルマン、チャーリー・キャレル、そして最後にチャンピオンのジェイソン・クーンです。まさに一流の集まりです。

早速、賞金が10万ドル以上の一流の大会に踏み込むことはあまり勧められることではありませんが、プロのプレイヤーと触れ合うには絶好の機会です。ハートは、ポーカーニュース新聞とのインタビューで、「一流のプロたちでも、私にプレイヤーとしての敬意を払ってくれることはありがたいです」と語っています。しかし、ポーカーに精通しているハートは、戸惑わずに一流のプレイヤーたちに挑みました。

コメディアンのケビン・ハートが見せる多彩なポーカーフェイス

全54件のエントリーがあり、そのうち2件はハートさんによるものでした。52枚のカードデッキの中には通常のジョーカーが何枚か入っています。これらのワイルドカードは、従来のゲームに変わった展開をもたらします。ハートは自信をもってプレイしながら、プレイの中で何度も運試しを繰り返していました。